トラウマなどを回避

悩む女性

社会生活に復帰する

バタフライハグなどの心理療法はとても効果的で、災害時の後遺症に悩んでいる人にとっても有効な手段となっています。様々な効果を期待できるために臨床的にやっていくことによって、パニック障害などをもっている人にも効果があるといわれています。社会生活の中で緊急事態なときはたいてい決まっていることが多く、命に関わるような危機を感じることも少ないです。しかしストレスによって強い不安を感じるようになってくると、常に危機感を感じるようになりパニック障害になってしまう人も少なくありません。急に激しい動悸をしてしまい心拍数が必要以上に上がってしまうことで、自分をコントロールできなくなります。そんなときには慌てないでバタフライハグをしてみると心が落ち着いてきて、パニック状態から脱することができます。発作的になっている人もいますが、落ち着いて対処をすることで体の負担を軽くして自律神経もコントロールできるようになり、問題となっている行動をとらなくなることで改善できます。

バタフライハグに効果があるのは、トラウマをもっている人なども有効で、常に日常生活に不安症を抱えている人にも効果があります。トラウマというのは人によって起こった出来事への衝撃が強い場合にイメージとして残ってしまい、何をやるにしてもフラッシュバックをして生活に支障がでることをいいます。生活に支障が出るくらい落ち着かなくなったり、不安が募ったりするときにバタフライハグをやっておくと自然と落ち着き冷静に物事を考えることが可能です。不安症になっている人も同じように依然あった出来事からイメージが先行してしまい、人に会うときにも緊張をして失敗することもありますし、行動自体を起こさないこともあります。こちらもバタフライハグをしておくことで積極的になり不安を一掃できる体勢を整えることができます。ちょっとしたことでは人間の心は揺らぎませんが、強烈な出来事からフラッシュバックをしてしまうと行動に制限がかかるようになりますので、バタフライハグはやっておくことで心を保ちます。

Copyright© 2019 正しい知識を持って活用できるようにしよう All Rights Reserved.